FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローコストを楽しむ[±haus]、着工まで?

雪が降り続いた1月。
建築にも多かれ少なかれ影響が大きい。
まぁ、それを施主さんたちと乗り越えながら進むことで、
モノづくりを成し遂げる実感もある!・・・といった
ポジティブな心構えも大切ですね。

さて、今日は久しぶりに[±haus]の話題。

「建築家とローコストを楽しむ」をテーマに開始した
プロジェクト第2弾は新潟市北区G氏邸が進行中。

ローコストというと「とにかく安く!」のように捉えがちだけど、
最後に満足感を得られない事は最悪。
私たちのローコストは、
「費やす金額と満足感の相対関係こそ命」
「施主さん自身も金額のコントロールに参加する」
・・・そんな価値観を世間に広げていこうというもの。

名付けて[±haus]。

建て替え計画となるG氏邸は、
ご相談の時にはリフォーム計画だったが、
その後の「これから長い家族の時間を考えたら・・・」という事から
新築(建て替え)計画に路線変更したものです。

名残ある現在の住まいで行われてきた打ち合わせのワンシーン。

G打合せs

建て替え計画を決意したご家族がその決意表明?として行ったのが、
子供たちへの「落書き解禁宣言!」

G落書きs

一つひとつの家づくりのプロセスが、
家族みんなの思い出になって、
その積み重ねが新しい家への愛着になれば最高ですね。

ちなみにこの落書きは、フレームに入れて新居に飾ることになる予定。

さとう

スポンサーサイト

個性的にコストをダウンする

暑いお盆休みを抜けると、こころなしか秋を感じるのは日本人のDNAか?
毎年、こういう区切りを幾たびか過ごして暮らしていく感覚は
なんともいいものだと思う。

さて、この休み前に見学会と引渡しを迎えたN氏邸も、
お引越しも終えて、晴れてNさんの我が家となった。

実質的な床面積28.5坪のこの家に、親子4人が暮らす。
家族それぞれのプライベートなスペースと、
団欒を楽しむパブリックなスペースをパズルゲームの如くに組み合わせていく。
プライベートから押していくとパブリックが圧縮され、
その逆も然りである。

そこに建築家ならではの発想が活きてくる。

下の写真は、1階と2階を繋ぐ機能と共に、
リビングとダイニングキッチンをゆるく隔て、
生活を広がりのあるものとする階段。
2階建てであれば必須となる階段に、もう一つの効能を持たせて、
空間を演出しつつ、コストダウンを図る意図。

するとこの家だけの個性にもなる。

haus.n  hausn1.jpg


コストについて、あきらめるのはまだ早い!
・・・そう思うでしょ。。。

さとう


「+と?」の家  [価値観とコスト] 最終版

先週末の見学会には、多くの方のお越しいただき、
この場を借りて感謝をお伝えします。

その後というか・・・、見学会終了後に、
今までの努力を労う意味合いも兼ねて、
施主さん主催の竣工慰労会を行っていただき、その風景がこの写真。
(一番に労ってもらうべきは施主さんご本人かもしれないが・・・)

fun001打ち上げの風景

それにしても、リラックスし過ぎ?である。


さて、コストだとか、予算だとかについて、
書かせていただいたわけであるが、
何かしら結論じみた事を書かなければいけないような気がしてならない。

テーマを掲げようだとか、
必要な事と不要な事を考えようだとか、
とにかく割り切ろうとか、
自分でも汗を流そうとか・・・
色々な事を伝えたが、それは全て「自分がもっている価値観」の
賜物なのではないだろうか?

「何処の会社が安いくて、自分たちの夢を叶えてくれるだろうか?」
という他力本願の行動目的だけでは、到底到達する事ができない満足感。
それをお知らせしたい。

建築家は、そんな覚悟を持った施主さんたちに、
大きな力を貸してくれるはず。
それが出来るのも、施工側と一線を隔す「建築家」というポジションが故に成せる事。

どうぞ、そんな彼らととことん話をしてみては?

ちなみに、近々にこのたび竣工したこのお宅の写真を、
Blog&HPのもアップしますね。

さとう



「+と?」の家 [価値観とコスト] その9

今週末(8月7日・8日)の見学会を控え、
現場はクリーニングを終え、各作業の最終調整段階。

施主さんが求めたシンプルさがどのように表現されたか?は、
見学会に足を運んでいただいてのお楽しみとして、
この期に及んで、まだデザインとコストについてにこだわる事としよう。

「自分たちが施工に参加するメリット」
プロの技はないけれど、下手は下手成りに「味」と「愛着」は
断然深くなる事は間違いない。
もちろん、コストダウンの効果も多少なりとも見込まれる。

この2つの意義を持つこと・・・ここが重要!
「とにかく安く!!!」だけでは、この「自分たちでやる」意味は半減してしまう。
愛着というのは、そこに携わった時間、考え抜いた時間、
そして汗をかいた量などに比例して深くなるのではないかと思う。

DIYを体験された方は判ると思うが、
「言うは安し、行うが難し」ではないが、想像以上に大変なこと。
職人さんの手早さや精度は、やはりお金を支払う価値があることを実感するのではないだろうか?

かくして、このたびも例の如くDIY(今回は塗装)が行われた。

DIY風景

建築家も私も、施主さんと一緒にひたすら床を塗っていると、
知らぬ間に協働意識なるものが芽生えて、冗談話にも花が咲く。
出来栄えはともかくも、いい感じに仕上がり、満足感に浸る。
差し入れの缶コーヒーの美味いこと!

そんな家づくりも終わり、
8月7日(土)・8日(日)で見学会を開催。

会場までのマップはコチラでご覧下さい。

今日発行の新潟日報社FP[assh]でも確認いただけるのでどうぞ。
[assh]掲載広告はこちらで!

シンプルを目指した施主さんの価値観が、
建築家との語らいの中から「割り切り」という決断を生み、
コストにも大きく貢献したプロジェクト。

きっと共感いただける方も多いのではないかと思う。

[価値観とコスト]こんな話も沢山聞けるので、
是非是非お越しあれ!!

さとう



「+と?」の家 [価値観とコスト] その8

その後、こんな風景を経ていよいよこの企画の家が竣工を迎える。
(写真は塗装の色選びの打ち合わせ風景)

塗装の色選び

施主自らが、我が家のために作業に加わる事は、
ひとえにコストダウンの為だけではない。

如何に我が家を愛せるだろうか?

数え切れない決断をしてきた。
時には理想と現実の壁にも悩んだ。
それでも家族の為にいい家を造ろうと、建築家と共に頑張ってきた。

自分でつくった家

施主のNさんのご厚意をいただいて、見学会も開く事となった。
新しい生活がスタートするチョット前に、
この物件を通じて、私たちが学んだ事や、
常に我々が大切にしている事を見て、聞いていただこうと思う。

[価値観とコスト]

安いだけでいいのなら、そんなに苦労しなくてもいいのかもしれない。
そこには『夢』があるから、家づくりは楽しいのだ。

見学会開催は8月7日(土)と8日(日)の2日間。
詳しい情報は、後日に。。。

さとう

プロフィール

ハローエージェンシー

Author:ハローエージェンシー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。