FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大昔の家と今の家づくり

新潟にはこんな場所があります。

昔と今

十日町にある縄文時代の遺跡「笹山遺跡」、
遺構から復元された当時のマイホーム?。
この復元にも専門家の方のご苦労があっての事と
リスペクトを込めた素直な目での考察を少し。。。
(果てしない妄想を促すには十分すぎる場所です)

昔と今 (4)

今流で言えば1DKと+ロフト。
現在のロフトの使い方との真意はともかくも、
一家族が同居するには究極のサイズですね。
キッチンにあたる「炉」もあって、
恐らくこの周りがダイニングといったところでしょうか?

昔と今 (3)

さて、ちょっとプロデュースっぽい事を一つ・・・。
家づくりをこんなミニマムなところから積み上げていくのも一つの手法かも?
そんな事を考えてみました。

多くの場合、必要スペースの箇条書きから始めるのが家づくり・・・
そんな風潮が蔓延していて、プロとみられる業界人もそれを
当然の如く助長しているのは、大変「?(疑問)」を感じるのです。

「予算と合わない!」という理由から、
大きなプランを縮める行為は、時として迷いを生じかねない。
それならば、小さな原点からゆっくり考えて、
本当に必要な事を組み込んでいく・・・そんな家づくり。
決定版のスキームは今は頭にないけれど、
縄文人に思いを馳せて、企画を作ってみようかな。

そして現在、特徴的な案件が同時進行しています。

この遺跡を訪れる機会をもらった十日町の家づくり。
「豪雪」という環境条件に、個性というデザインを如何に実現するか?
昔と今 (1)
 ↑
写真は計画敷地。
隣家の高床でこの豪雪地域の特徴を感じます。

そして、魚の街寺泊。
道路にお面した間口6m、
隣家に挟まれた奥行は45mもうなぎの寝床の敷地。
これも日本らしい住環境の一つです。
昔と今 (5)
 ↑
写真は海側(敷地の裏面側)。
漁師を営んでいた時には漁具をメンテナンスする作業場でした。

そして、「モノづくりを楽しむ」、
「家づくり=モノづくり」を具現化した案件で、
建築家&家具作家、そして施主ご夫妻が
ワークショップというスタイルで進行していきます。
昔と今 (2)

家族の数だけ、
家づくりのスタイルがある。
そして、その家づくりで出来る家のカタチは無限。

ガンバロっと!

さとう

スポンサーサイト
プロフィール

ハローエージェンシー

Author:ハローエージェンシー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。