FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家の個性は『家の具』も大事!

家の中には家具というアイテムが欠かせません。

家をつくる段階で施主もつくり手側もイメージを膨らませて
やがて空間は出来上がりますが、
建築作業で出来るものと、暮らし手が日常で創り上げるもの、
この2つがあるように思うのです。

家づくりは楽しく気体に満ちているけれど、
「建築でやる事」と「暮らし始めての日常でやる事」
これを意識せずに建築に頼る事はあまり得策ではないと思うのですね。

そこで「家具」というアイテムに着目してみたいと思います。
ここでは英語でファニチャーという家具ではなくて、
もっと大きな領域、
生活をおくるのに必需な物、
空間を彩り、そこに個性を与えてくれる物、
それを称して家具ならぬ「家の具」と言っています。

食器も壮でしょうし、お気に入りの写真もそうだし、
壁掛け時計やもちろんファニチャーもそうで、
全て「家の具」です。

穴釜3

「家の具」のひとつ、器。
上の写真は器を焼く窯で「穴窯」というもので、
実を言うと新潟の陶芸家大山育男さんがお仲間の人たちと
コツコツと手づくり再生したもので、
先日お邪魔してきた時のものです。

穴釜1
穴釜2

新潟の家づくりの素晴らしい事は、
こんな人たちが身近に居て、
場合によってはその人たちを巻き込む事が出来る事。

生涯一度の家づくりのチャンスなのに、
今の住宅業界は此処を大切にしていないという現実があるように思います。

今進行中の家づくりプロジェクトの施主さんと一緒に、
こんなモノづくり現場(工房)をお訪ねしてきました。

村秀1 村秀2

旧安田町の瓦ストリートにある鬼瓦の工房、村秀鬼瓦工房。
このプロジェクトは手づくりモノづくりを実践する人と、
建築の世界の人とのコラボで自分らしさ個性を生み出そうという
主旨のものです。
またの機会で随時紹介しますね。

家づくり=モノづくり
これが今の私の大切にしていることです。

今、モノづくりの仲間達の展示会を開催しています。
豊栄のノラ・クチーナの目の前にある
私が運営しているラウンジ「のらごや」でやっています。

画像データ・灯り展リーフ木
 ↑クリックで拡大してご覧いただけます

一度覗いてみてください。
詳しくは私までご連絡ください。
090-3683-6348
(ハウスコンプレックス 佐藤勉)

さとう
スポンサーサイト
プロフィール

ハローエージェンシー

Author:ハローエージェンシー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。